諦めないで第三の「自分の歯」で噛む喜び。

インプラントは歯だけじゃない

インプラントというと歯の治療だと思われることが多いですが、それだけではありません。そもそもインプラントとは人間の器官に置き換えられた人造物を指します。豊胸手術で胸に入れたシリコンも、骨折した骨をつないだボルトも、心臓に埋め込んだペースメーカーもインプラントです。こうしてみると、インプラント技術は、欠損した器官を補うことで人類を救う偉大な医療技術だということがわかります。人造物は日進月歩の進化を重ね、より安全で人間本来の器官に近いものになっています。

インプラントは第三の歯です。

人間はまず乳歯が生え、やがて永久歯に生え変わります。これが第一の歯と第二の歯です。永久歯はその名の通り、永久に残る歯ですから、これを失うということは、歯を永久に失くしてしまうということになり、自分の歯で噛むことは二度とできなくなってしまいます。ブリッジや入れ歯で代用することもできますが、それらは決して自分の歯で噛む喜びを与えてはくれません。インプラントは顎の骨とチタンボルトが石灰化によって密着するので、まさに第三の歯として「自分の歯」が蘇るのです。

治療費が高すぎると思いますか?

インプラント治療は保険が効きません。自由診療であるためブリッジや入れ歯に比べて治療費は高額です。でも、自分の歯で噛むことは、物を美味しく食べるだけでなく、健康の上でもとても大切なことです。噛み合わせが悪いと体の歪みの原因になり、肩こりや腰痛、頭痛などさまざまな悪影響が出てきます。しっかり噛むことで唾液の分泌が良くなり、虫歯の予防にもつながりますし、消化吸収もよくなります。食べることは命を支えることです。その根幹である歯の治療と考えれば、インプラントの費用は決して高すぎるものではありません。

三鷹のインプラントができるクリニックは、カウンセリングの機会が充実しているため、初心者でも安心して通うことができます。