知ってる?話題の健康法「血液クレンジング」とは

血液クレンジングっていったい何?

ちょっと恐ろしいネーミングの健康法、「血液くクレンジング」が芸能人やモデルさんの間で話題になっています。簡単に言えばその名の通り、血液を綺麗にすること。「大量自家血療法」とも呼ばれています。約100~200ccの血液を採取。専用瓶でオゾンガスを混合します。そしてオゾン化した血液を、また体の中に戻すのです。この血療法で、ドロドロの血液がサラサラになる、という仕組みです。約3~5ccの少量をオゾン化する療法もあります。

意外と歴史がある!血液クレンジング

「採血した血を綺麗にして体内に戻す」という、画期的な療法ですが、この療法が始まったのはもう40年も前のこと。ドイツで開発され、ヨーロッパでは一般的に認知されていた治療法でした。しかし、まだまだ日本ではなじみがありません。自己治癒力を高め、強化する治療として、老化予防のために治療を受ける方も外国では多いです。それが日本でも話題になり、健康や美容のためにとメディアで取り上げられ話題になってきているのです。

自然治癒力が強化!サラサラ血液のすごさ

現代の日本人は食生活や生活習慣の乱れで血液がドロドロになってしまった方が非常に多いです。ドロドロ血液では自己治癒力が下がってしまい、ウイルスに感染しやすくなったり、がんや虚血性疾患など、さまざまな病気の危険があります。血液をオゾン化しサラサラにすることで、自己治癒力を高める効果が期待できます。健康で快適な生活送れるようになり、美容と健康にとてもいいのです。あらゆる病気の予防の他にも、肩こりや生理痛、疲労感の緩和もできます。ぜひ、この機会に血液について少し考えてみませんか。

血液クレンジングとは100〜150mlの血液を採取し採血した血液にオゾンを投与し体内に戻すので、細胞の代謝が上がりダイエット効果が、抗酸化力の効果でアンチエイジング効果が期待できます。